税金関係に注意

ブックメーカーを利用してお金を稼ごうと思っている人は気をつけなくてはいけないのはブックメーカーやオンラインカジノには税金が発生すると言うことを覚えておきましょう。

日本の利用者からしてみればギャンブルなのにお金がかかるの?って思う人も居るかもしれませんよね。

日本のギャンブルで税金がかかったことなんてなかったよ?って思う人も居るかもしれませんが、たまに日本の競馬でも万馬券が当たったら税金を払い忘れていた!なんていうニュースがありましたよね。

日本のギャンブルでもお金はキチンと発生するのです。なぜギャンブルを利用していたとしても今まで税金がかからなかったの?って思うかもしれませんが、それはその場で現金手渡しだからです。

現金で貰っている以上証明のしようがないですよね。ギャンブルで勝ったお金が銀行から支払われていたら証拠が残りますが、手渡しの場合は証明のしようがなかったら催促がなかったのです。

基本的に宝くじ以外は税金対象となっています。

ではどれぐらいお金を稼いだら支払わなければいけないのか?って思いますよね。数百円や千円ぐらい勝っただけでも申告をしなければいけないんだったらそれだったら面倒だからブックメーカーを利用したくないと思うかもしれません。

基本的にギャンブルは法律上一時所得という扱いになります。特別控除というものが存在しており、ブックメーカーで稼いだ利益の50万円以下であれば申告をする必要はないのです。

副業程度やちょっとした趣味の延長線上で利用する分にはそこまでシビアに考えなくても問題ないでしょう。

しかし、しっかりとブックメーカーで稼いでいきたいと思う人はちょっとしたことで50万円を越えるケースもありますよね。またブックメーカーは還元率が高いので50万円を利益で超えてしまうと言う人も珍しくありません。

そのために申告漏れがないようにしっかりと申告の手順も把握しておきましょう。

申告の際には確定申告用書類の収入金額等の欄に「一時」という項目がありますのでそちらに金額を記入するだけです。

記載例として

20万円を元に100万円を獲得したら

【100-20=80万円】となります。

80万円が申告となりますが、得た利益の50万円分は費用を引いていいとされています。

そのため

『80-50=30万円』

この30万円に税金が発生する仕組みです。覚えておきましょう。

★利用者数人気No.1★ ★口コミで稼げると話題★ ★サポートが充実★