エコペイズに登録する

ブックメーカーを利用することでエコペイズを利用する必要があるということを理解したら早速エコペイズに登録するようにしましょう。

>> エコペイズ(ecoPayz)公式ホームページはこちら

ecopayz

サイトがリニューアルされて画面が変わっていたり仕様が変更になるケースもありますが、基本的な流れは同じです。

ecopayz

①登録をするためにホームページに進み日本語で表示されていなかった場合言語の選択で日本語を選択するようにしましょう。

ログイン画面が表示されたら登録ボタンをクリックします。

ecopayz

②必要事項を記入していきましょう。
ecopayz

1. ユーザー名(ハンドルネーム) : 半角英字で入力
※ログインするときに必要

2. Eメールアドレス: 半角英数字で入力 (例)bookmakaer@kasegu.com
3. パスワード: 半角英数字で、大文字と小文字と数字を混ぜて8文字以上で作成
(※ログインするときに必要で必ずメモをその場で必ずとりましょう)

4. パスワードの確認: 3で入力したパスワードを再度入力します
5. 居住国: 該当する居住国を選択(日本の場合はJapanを選択)
6. 言語: 希望の言語を選択。日本語を選択しましょう。
7. 通貨: 利用希望の通貨を選択 (利用するブックメーカーの国に合わせます。)

ecopayz

8. 名前: 半角英字で入力 (例) book
9. 姓: 半角英字で入力 (例) taro
10. 誕生日: 生年月日の日を指定
11. 誕生月: 生年月日の月を指定
12. 誕生年: 生年月日の年を指定

13. 通り: 市町村名以降の住所を半角英数字にて入力
日本語住所を英語表記に変換するサービスJuDressが便利です。JuDressはこちら
(例) 大阪府大阪市中央区難波千日前11番6号の場合、11-6, Nambasennichimae
14. ビル名/ビル番号: 建物名と部屋番号を入力。建物やビル名がない場合は”-”と入力
15. 都道府県名: 都道府県を入力(例) Osaka
16. 市町村名: 市町村名を入力(例) Chuo-ku Osaka-shi
17. 郵便番号: 半角数字のハイフン抜きで入力(例) 5420075

18. 国番号を入力(日本の場合は+81)
19. 電話: 電話番号を半角数字のハイフン抜きで入力(最初のゼロは省略)
09012345678の番号だったら『9012345678』と表記します。

20. 左の図に表示されている数を入力(その都度数字は変更されます)

記入項目は多いかもしれませんが、一つ一つは簡単です。

すべての入力が終わったらアカウントの作成をクリックします。

登録はこれで完了となり入力したメールアドレスにエコペイズからメールが届いていますので確認しましょう。
ecopayz

よくありがちなのがログインするときに必要なユーザー名とパスワードを忘れてしまいがちですので必ずメモをしておきましょう。

本人確認書類の提出が必要になってきます。

年々インターネットのセキュリティというのは向上されており、そのために最初に登録をする際には手続きに時間がかかってしまうことが多いです。

登録国(居住国)やクレジットカードの種類によっては本人確認書類の提出が済んでからでないと、口座が有効化されないケースになりますのでまず作成をすると思っていいです。

ログインした際に、『Note: Your access to the service is currently VIEW ONLY』 のメッセージが表示されている場合は、本人確認書類の提出が必要となります。

ecopayz

必要なものは下記の通りです。

身分証明書
・顔写真付住民カードまたはマイナンバー個人カード
・運転免許証
・パスポート

住所確認書類
・公共料金の請求書
・銀行の利用明細
・住民票

※高画質で発行から3カ月以内のものを用意しましょう。スクリーンショットは受け付けられません。また運転免許証に裏面が記載されている場合はしっかりと裏面も表示しましょう。

クレジットカードのコピー
表面/裏面ともに、以下の部分はテープや付箋等で必ず隠してください。
・カード番号の最初の6桁と最後の4桁以外(7~12桁目を隠す)
・裏面に表示されている3桁のCVV番号

6. 口座の認証完了

本人確認書類を提出し、数日すると審査が完了し、登録メールアドレスにメールが届きます。いよいよ口座が使えるようになります。

NetellerやSkrillを利用したことがある人は特別難しいことではないと思いますが、初めて登録をする人は緊張したり不安に感じると思います。

英語で書かれていたりするとどうしても分からないからといるでしょう。

慌てず一つ一つ丁寧に行いましょう。

>> エコペイズ(ecoPayz)公式ホームページはこちら

★利用者数人気No.1★ ★口コミで稼げると話題★ ★サポートが充実★